Archive [2005年06月 ] 記事一覧

夏芝居

気にそまぬ人も入りけり夏芝居村芝居での呉越同舟を詠んでみましたが、みなさんも経験ありませんか。気にくわない人間との同席。せっかくの楽しみも台なしですよね。...

ゆすらうめ

山桜桃は甘酸っぱくて子供の口には合いませんでしたが、今のように、おやつが豊富でなかった時代の我々には、冒険の道すがらの格好の食料でしたね。...

夕立ち

夕立や小薮を急ぐ蟻の面蟻の行列を見ていると、結構面白いですね。どの蟻が統率しているのか解りませんが、決して列を離れる蟻はいません。夕立ちがきたらどうなってしまうのか確認したわけではありませんが、多分、必死で薮などに避難するのでしょう。...

祭鱧

夏祭りの定番料理と云えば「鱧」ですね。神輿を担ぐ若衆の声が遠のく頃は、きっと各家庭では鱧料理に舌鼓を打っている事でしょう。...

合歓の花

合歓の花には、なぜか宗教的な趣きがあります。夕暮れの山を赤く染める花に「まほろば」が思い浮かびました。...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索