Archive [2005年09月 ] 記事一覧

山畑や案山子の影と父の影

案山子は日本の秋に欠かせない風物詩となっていますが、最近は変わり種の案山子が多く、あまり風情を感じなくなってきましたね。へのへのもへじの麦藁おじさんの案山子が懐かしい!...

銀漢を溢れたりしか山家の灯

満天の銀河の下、かぼそく灯る集落のあかりが、まるで銀河から溢れたごとく瞬いていました。都会に居ては絶対に味わえない素晴らしい光景ですね。...

颱風裡にはかに町の夕焼くる

台風の最中に現れた、今迄に見た事もないような見事な夕焼け空でしたので、思わずシャッターをきりました。...

夜の白むまで胡弓哭く風の盆

NHKで1988年に放送された富山の「風の盆」が再放送されていたが、あまりにももの悲しい祭の様子を見て、本当にこんな祭なのかと訝ってしまいました。単調な胡弓の音に合わせて、哀しそうに踊る「踊子」。それが、夜の白むまで続くらしいのですが・・・。...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索