Archive [2006年11月 ] 記事一覧

観世音菩薩虚空を差す冬木

冬木の立ち並ぶ風景は、人の世の無常を感じさせますね。...

浪々の身に一塊の冬日影

冬日影とは、日の影ではなく、冬の日射しの事だと、俳句を詠むようになってから初めて知りました。奥深いなぁ、俳句って・・・。...

風の名をつぶやく古老柿落葉

柿の葉を散らす風には、土地それぞれの名があるようです。古老がぽつりとつぶやいた風の名は・・・・。”写真提供 デジタル楽しみ村”...

海鳴りの止めば沖見る紙漉女

越前で紙漉きの工房を見学したことがありますが、冷たい水を使っての作業は、本当に大変そうでしたね。”写真提供 デジタル楽しみ村”...

岨たかく熟るる通草のありにけり

崖の途中に熟れていた通草を詠んだ句ですが、あんなに高い所では、手も足?も出ませんねぇ。...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索