Archive [2009年02月 ] 記事一覧

恋猫や夜の帳も風にゆれ

こいねこやよるのとばりもかぜにゆれ夜な夜な恋猫の声が聞こえる季節になってきました。人の世界と同じで、恋を成就する猫、ふられる猫、思わせぶりな猫、その気がまったくない猫?と、猫の世界も、それなりに大変なのでしょうね♪季語=恋猫(春)...

ふらここや二次曲線のたをやかに

町中の公園で見つけた黄鶲ですが、ゆらゆらゆれる小枝を、まるでぶらんこのように楽しんでいました。たぶん・・・・・・・・・♪季語=ふらここ(春)...

春一番いろあるものを萌え立たす

...

幼子の靴跡浅き春の泥

...

盛花に三角の影水温む

...

紅梅や雨の匂へる石畳

...

杣山の懸樋をどどと雪解水

...

心眼を磨けば亀の鳴くことも

...

まんさくや山登りとて小半時

...

七人の敵あり不意の余寒あり

...

沈丁のひかりあつめて目覚めけり

...

永き日の水面に雲の影あそぶ

...

たをやかに蒲の穂絮の渡るなり

...

護摩の火に深まる闇や鬼やらひ

...

柊の実の赤々と夕籬

...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索