Archive [2013年07月 ] 記事一覧

水無月の句綴り

6/1 山あれば山を越えむと蟻の道6/2 少年に涙ラムネの恋終る6/3 林道をよこぎる子鹿若葉雨6/4 夜の底の肌(はだえ)をなぶる洗ひ髪6/5 遠山に雨雲を置く芒種かな6/6 風生れて風鈴草をいたぶれり6/7 桜桃の実やみちのくは遠き国6/8 鴟尾にぶくひかる伽藍や梅雨曇6/9 夾竹桃引込み線を隠しけり6/10 玉葱の北半球をあらはにす6/11 おはぐろの川それたとて二町ほど6/12 住職の逝け...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索