Archive [2013年12月 ] 記事一覧

霜月の句綴り

11/1 晩秋の火宅に小さき火を熾す11/2 阿弖流為てふ蝦夷の長や寒北斗11/3 露寒の茫々とある棚田かな11/4 風の名をつぶやき翁の冬支度11/5 蒼穹にふかき傷跡破芭蕉11/6 少年のなみだ大粒秋の果11/7 立冬や背伸びして拭く玻璃の空11/8 雲ひくき沖を見てゐる潤目売り11/9 ちり鍋や大和に山と海の幸11/10 対岸にコンビナートや浮寝鳥11/11 魚ふかく息吹く峡谷冬兆す11/1...

神無月の句綴り

10/1 荷車を押すは学童豊の秋10/2 草に寝て約す未来や天高し10/3 別れきて摑む電車の吊輪冷ゆ10/4 骨堂の影ひきづるるや穴惑10/5 産土の糧となりゆく木の実かな10/6 宵闇の魂いざなへる燭の道10/7 どぶ川に鯔のはねたる寒露かな10/8 風音のゆらす吊橋水の秋10/9 新しき金のペン先星流る10/10 白昼の夢や菜蟲の咀嚼音10/11 学校へ二kmの山路ゐのこづち10/12 色変え...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索