Archive [2014年03月 ] 記事一覧

二月の句綴り

2/1 美しき惑星に生れ水菜摘む2/2 四方に山置きたる京や千枚漬2/3 叡山へ靡く黒雲鬼やらひ2/4 立春大吉蛇口の水の迸る2/5 めくり見るピカソの画集冴返る2/6 寒肥や花を見ぬまま逝きし父2/7 料峭の梢に鳩の寄り添へる2/8 夕東風や船曳く船の全開す2/9 春雪の過ぎたる夕の懈怠かな2/10 黒牛の舐めゐる桶の春氷2/11 青眼の僧が案内(あない)や梅見寺2/12 春の日のあつまる母の背...

一月の句綴り

1/1 新玉の貌して猫の寄りきたり1/2 大いなる空をいただく二日かな1/3 一筋の雲のこしてや初昔1/4 うたたねの妻いとほしき四日かな1/5 小寒のこずゑに立てる鷺一羽1/6 讀み終へし本に日の矢や松七日1/7 野に摘みしもの芳しや七日粥1/8 新年会果てて独りの月仰ぐ1/9 光年といふ不可思議を銀河凍つ1/10 いま抜けし大き枯野をふりかへる1/11 空風やいつか一人となる遊び1/12 早逝...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索