Archive [2016年02月 ] 記事一覧

二月の句綴り

2/1   湯気立てて美しきのんどを濡らしをり2/2   梅といふ形に梅の咲き初むる2/3   よせ返す護摩の焔(ほむら)や節分会2/4   水鳥の羽音ゆたかに春立てり2/5   春寒や胸あらはなる乙女像2/6   強東風や愚かに人の歩みゆく2/7   有明の夕日もろとも白魚網2/8   脚弱の妻に合はす歩遍路杖2/9   たかぶれる火をなだめつつ畦を焼く2/10  帰心なほ三椏の芽のふつふつと2...

一月の句綴り

1/1   あかときの空うるはしや大旦1/2   初買の妻よ倹しきものばかり 1/3   三日はや白湯の旨くてならぬなり1/4   息あらき禰宜の烏帽子や鞠始1/5   奉るほのかなる火や窯始1/6   小寒や天使は羽根を閉ぢしまま1/7   うすれゆく母のおもかげ薺打つ1/8   四方の目をひとり占めなる春着の子1/9   ちはやふる神の恋せし歌留多かな1/10  羽子板やただすこやかであれかし...

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索