Entries

六月の句綴り

20120630.jpg

06/30 生きてゆくゆゑの悪戯蚤さわぐ

06/29 桜桃や児のなき妻に児の匂ひ

06/28 時死する真夜や密かに苔青む

06/27 昼顔を咲かせさびしき浜なりき

06/26 梅雨冷の天地に身を曝しけり

06/25 峡の子の見せてくれたる螢籠

06/24 青蛙合歓の小枝をゆらしけり

06/23 藻の花をしとど打ちたる夜雨かな

06/22 桑の実や分校朽ちてゆくままに

06/21 夏至の日の窓辺にひらく虚子句集

06/20 失ひし刻箱庭にありにけり

06/19 人の気の絶えぬ病棟明易し

06/18 釣堀のつひに一人やそぞろ雨

06/17 海亀の頭をあげてよむ潮の道

06/16 霊山のいただき見えず破れ傘

06/15 帰るべき道にはあらず蟬の穴

06/14 ビードロを夕日に透かし見る女

06/13 梅雨の蝶くらきを低くひくく舞ふ

06/12 母の忌のふるさと茄子の花ざかり

06/11 力なく沈む入日や合歓の花

06/10 黴匂ふ真昼のポルノ映画館

06/09 灯を消して河鹿と闇を同じうす

06/08 思春期のうつうつ栗の花匂ふ

06/07 夕空に斧ふりあげし子蟷螂

06/06 たへかねて風なき夕を竹落葉

06/05 野も山も芒種の雨にけむりをり

06/04 人間に倦みて屍へ夜の蠅

06/03 蛇の雲わけてゆく代田かな

06/02 蚊をうちし掌に一点の深紅の薔薇

06/01 十字架の影の中なる薔薇匂ふ


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索