Entries

十月の句綴り

20121031.jpg

10/01 世に拗ねてゐるにはあらず生姜酒

10/02 秋の七草どれも鄙びし地を愛す

10/03 空稲架に立てて障子の干されあり

10/04 劇中の椅子ひえびえと演者待つ

10/05 遊水のほとり木賊のあをあをと

10/06 その男蝦夷の生まれ氷頭膾

10/07 つぎはぎのもんぺの母や豊の秋

10/08 黎明の足を舐めゐる寒露かな

10/09 絶壁に身を乗りだすや新松子

10/10 うそ寒や読めぬ漢字をとばし読む

10/11 林檎剝く刃音の背ナにとどきけり

10/12 淡海の雲をおもたくばせをの忌

10/13 蔵裏に舫ふ櫓の舟今年酒

10/14 茱萸の実や村にひとりの赤児泣く

10/15 まだ眼ひらいてゐたる鵙の贄

10/16 死ぬ人の横で飯食ふ霜夜かな

10/17 たつきいま引算ばかり抜菜汁

10/18 始発電車霜軋ますをベッドより

10/19 臥して見る空へ秋蝶来てくれし

10/20 はツはツと馬追ひたてる菊日和

10/21 禿鸛の夫婦あひよる秋思かな

10/22 霜降や玻璃戸に雲の急ぎをり

10/23 勝馬の鬣なびく秋気かな

10/24 老女つと色づく草に佇めり

10/25 錦なすスカイラインやバス喘ぐ

10/26 並びある枕に月の射しにけり

10/27 うす雲は天女のベール十三夜

10/28 爽藾や硝子細工の花器磨く

10/29 松茸に数多の目線刺さりをり

10/30 柿喰らふ腕白に陽のしたたれり

10/31 闇色のマントが闇へ万鬼祭


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索