Entries

十一月の句綴り

20121130.jpg



11/01 瘦馬に曳かす丸太や秋寂し

11/02 池の面にゆるる木の影鵙日和

11/03 故郷や荷のかたすみに酢橘の香

11/04 やや寒の時たがへたる鳩時計

11/05 晩菊に額づく老女ありにけり

11/06 逝く秋の風を読みゐる老爺かな

11/07 四次元の扉ひらきて冬に入る

11/08 雨に灯の滲む夕べや酉の市

11/09 縄跳を遠く土塀に凭るる子

11/10 寒菊やひかりは水のごとながれ

11/11 吹き下ろす風に痛さや干大根

11/12 抹消の多き名簿や返り花

11/13 畑にもう立てぬ母なり蕎麦湯溶く

11/14 水郷にもどる静けさ枯柳

11/15 一心に毛糸編む眼の美しく

11/16 シーソーの右は空つぽ暮早し

11/17 ふりかへり見れば水鳥いよ増せり

11/18 木の葉髪出合ひと別れ重ねつつ

11/19 風邪の身のとり残されし日暮かな

11/20 夜話の涙となりて終りけり

11/21 焼芋を割れば夕日が覗きこむ

11/22 神留守の暗がりに掌をかざし見る

11/23 木枯や終の言の葉恐ろしき

11/24 病棟に白き寒暮の灯が並ぶ

11/25 鶏鳴の遠き目覚めや翁の忌

11/26 息ひそめ生きる一村冬木の芽

11/27 食ひ止しのアンパンひとつ神の留守

11/28 妻ゆゑに語れぬむかし小夜千鳥

11/29 切干をちぎつて食へと母の云ふ

11/30 旅人のすでに野末や鎌鼬
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索