Entries

十二月の句綴り

20121231.jpg



12/01 寄鍋の魚ばかり食ふ山育ち

12/02 夜仕事の母のうたた寝炭をつぐ

12/03 街灯に黒手袋の佇めり

12/04 膝つきて子等の見てゐる霜柱

12/05 故郷の炬燵に口をつく訛り

12/06 麦の芽の土もち上げる力かな

12/07 大雪やガラス磨けばきゆきゆと鳴る

12/08 どぶ板に落ちる日の影開戦日

12/09 海鳴りの止まぬ一日や鱈を割く

12/10 風邪の身をジャズの業火に沈めけり

12/11 風音を四方にちらすや冬木立

12/12 猟犬の寝息しづかや星降る夜

12/13 獣道めけるかよひ路枯茨

12/14 冬天へ翼ある船漕ぎ出せり

12/15 膝掛をたたみて妻の一日終ふ

12/16 人参が嫌ひ真つ赤な嘘嫌ひ

12/17 底冷えの闇を纏へる伽藍かな

12/18 新聞の見出しのせかす年の内

12/19 寒禽を放てり宮の大欅

12/20 煤掃や長押の父母を抱きおろす

12/21 古傷を撫で愛しむや冬至の湯

12/22 代替りせしか茶髪の飾売

12/23 おでん鍋愛と嫉妬を綯ひ交ぜに

12/24 寒村の灯の凍星に紛れあり

12/25 明滅の聖樹に罪を問はれけり

12/26 言の葉に人撃つ力息白し

12/27 湯豆腐や哀しき嘘をせつせつと

12/28 母になき仕事納や水の音

12/29 歳晩の茶房に夢を待つ男

12/30 忘却を積み重ねつつ暦果つ

12/31 ゆく年の空をひとりで見てゐたり
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索