Entries

如月の句綴り

20130228.jpg

2/1 二月やピエロの指が空を掃く

2/2 曳船の水尾ながながと冬の果

2/3 寒鯉や不覚のこゑを空へ吐く

2/4 立春やタマ駅長の眠さうに

2/5 岩海苔を掻くや虚空に背をあづけ

2/6 空つぽのポッケに残る寒さかな

2/7 躓いて手をつく大地雪割草

2/8 春遅々と妻に未来を聞かれをり

2/9 初午や眦ながき人と会ふ

2/10 薄氷を魂のごとくにかかげ来る

2/11 春スキーはるかに光る海見ゆる

2/12 十字架の影おちかかる踏絵板

2/13 殺意もつごとく芝火の奔りたり

2/14 愛の日のむしやむしやと噛む吐息かな

2/15 大川にうかぶ御座船浅蜊汁

2/16 草萌やこの身いつかは土塊に

2/17 春の雨ネオンの町をつつみけり

2/18 山毛欅に耳あてて音きく雨水かな

2/19 田楽の味噌の香しむる自在鉤

2/20 上塗りの嘘にほころび獺祭(おそまつり)

2/21 白梅や上枝(ほつえ)は蕾かたくして

2/22 道頓堀川に街の灯春ショール

2/23 寄居虫の捨てたる家を拾ひけり

2/24 蕗の芽や岩間の水のいや増せり

2/25 油屋の油売るこゑ菜種御供

2/26 焼山のにほひの中を父帰る

2/27 春風や花嫁来るを見にゆかむ

2/28 嬰児の小さき欠伸や二月尽

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索