Entries

水無月の句綴り

20130630.jpg


6/1 山あれば山を越えむと蟻の道

6/2 少年に涙ラムネの恋終る

6/3 林道をよこぎる子鹿若葉雨

6/4 夜の底の肌(はだえ)をなぶる洗ひ髪

6/5 遠山に雨雲を置く芒種かな

6/6 風生れて風鈴草をいたぶれり

6/7 桜桃の実やみちのくは遠き国

6/8 鴟尾にぶくひかる伽藍や梅雨曇

6/9 夾竹桃引込み線を隠しけり

6/10 玉葱の北半球をあらはにす

6/11 おはぐろの川それたとて二町ほど

6/12 住職の逝けり緋鯉の息吐けり

6/13 白蛇を祀る社や五月闇

6/14 傷心の日暮れを匂ふ栗の花

6/15 繋がれてゐしは斎牛早苗月

6/16 節にまだ皮をのこして今年竹

6/17 山田家の電話七番夏つばめ

6/18 手弱女の白きあぎとや明易し

6/19 ゆきちがふをみなに笑みや蛇の衣

6/20 航跡を追ふ航跡や夏霞

6/21 夏至夕べ浜辺に子等の影走る

6/22 梅雨冷の底に子猫のうずくまる

6/23 黎明の音なき沼や蜻蛉の子

6/24 夏河や奇岩を躱す棹雫

6/25 不機嫌な心の鼓動やさみだるる

6/26 木耳や杣の子と生れ杣を捨て

6/27 苔清水尼の袂を濡らしけり

6/28 ばつてらの背のてらてらと夜の卓

6/29 蝉穴や死にたる人のこゑ聞こゆ

6/30 片蔭に尾のなき蜥蜴立ちどまる

span>
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索