Entries

文月の句綴り

20130731.jpg


7/1 青田風奔れり郷の家見えて

7/2 半夏生空に明るきとこ少し

7/3 青葉闇つきたるところより渚

7/4 雨乞の火を天上に放ちけり

7/5 ほどけゆく蓮華や紅のいや増せり

7/6 嬉々として蝲蛄の腹見せにくる

7/7 裏庭に母呼ぶこゑや青簾

7/8 霊山の闇に逃れしごきかぶり

7/9 唇にふれし小指や合歓の花

7/10 茄子熟れて段畑すこし傾きぬ

7/11 十三の階段上る溽暑かな

7/12 花守のごとく身をそり子蟷螂

7/13 団扇もて病者の髪をゆらしけり

7/14 ショベル手に佇む坑夫花魁草

7/15 迷ひなく右の方へと道をしへ

7/16 青芝や恋への距離を推し量る

7/17 出を待てる子等のそぞろや夏芝居

7/18 真夏日の空ぐんぐんと遠ざかる

7/19 牛小屋の寝藁かへるや土用入

7/20 哭き女きて夏蟲を踏みつぶす

7/21 夢の如く大暑を葬の列ゆけり

7/22 空蝉のこゑなきこゑや風の中

7/23 夕さりの音なき町や月涼し

7/24 農小屋によき風入れて三尺寝

7/25 故郷の駅舎に外すサングラス

7/26 白昼夢のごとく日傘の佇めり

7/27 子を攫ふ大樹の影や夏の月

7/28 捨てられしものの形や夜光虫

7/29 虫干の聖書を蟻の登りゆく

7/30 白服の少年雲を哀しめり

7/31 へそ曲げてついてくる子や大西日
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索