Entries

師走の句綴り

20131231.jpg

12/1 枯園に十字架の影おちてあり
12/2 厚着して会ふ御仏の慈眼かな
12/3 寒夜ひそかに俎板の血を洗ふ
12/4 かく哀しまなざし知らず都鳥
12/5 石舟の影をゆらせる小春かな
12/6 よく笑ふ女と牡蠣をすすりけり
12/7 大雪の鵜や泰然と羽ひらく
12/8 煤けたる長押の遺影開戦日
12/9 ボーナスや赤提灯もゆれてをり
12/10 浦磯に浪のしかかる寒暮かな
12/11 死は不意に冬夕焼はおぼろげに
12/12 旅立のあすを思へり玉子酒
12/13 寒潮や蒙古襲来ありし浜
12/14 炉話や榾をつぐ手の皺ふかし
12/15 極月の乙女や穢れてはならじ
12/16 鴟尾にぶくひかる伽藍や年の市
12/17 うつつなき羽毛をひしと初氷
12/18 畳替へてなほ虚ろなる心地かな
12/19 冬帽を脱ぎて安けし日を謝する
12/20 島陰に消ゆる汽船や日短
12/21 一茶忌や寄辺もたざる雀どち
12/22 情理なき世を永らへて師走寄席
12/23 底冷の人体模型直立す
12/24 早世の詩人のごとく風邪薬
12/25 一途なる電波時計や年の暮
12/26 寒凪の紀淡海峡イルカ飛ぶ
12/27 吹きさますことのうれしや根深汁
12/28 煤逃の魚にそつぽを向かれけり
12/29 春支度済みて暮れゆく父祖の山
12/30 秘せしこと遺忘せしこと日記果つ
12/31 寂々と年守る榾を裏返す     

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索