Entries

六月の句綴り

20140630.jpg

6/1  牡丹や夜のおもさを計りかね

6/2  たらちねをゆらせる夕の穂麦かな

6/3  大川の風にぬめりや泥鰌汁

6/4  野茨をぬけくる風の痛からむ

6/5  畝傍へとつづく小径や落し文

6/6  むかし昔をみなありけり衣更

6/7  山も野もマリアの像も梅雨めけり

6/8  咎のなき百足虫を闇に踏みつぶす

6/9  十薬のはびこる鄙の捨屋かな

6/10  ささやくがごとし五月の画山水

6/11  対岸をさまよふ灯火梅雨出水

6/12  幾重にも深まる闇や螢舞ふ

6/13  早乙女の足跡のこる植田かな

6/14  南山に数多の墓標苔の花

6/15  浜昼顔夕は異国の女めく

6/16  ゆれやまぬ草穂をひしと糸とんぼ

6/17  竹植る日の雨音となりにけり

6/18  友垣の面影はるか桑苺

6/19  摂理なき水のながれや桜桃忌

6/20  濁り鮒産土神の田にむつぶ

6/21  働くを厭はぬ農夫夏至夕べ

6/22  楊梅の兄をみあげてゐる弟

6/23  梅雨茸や童話の魔女のはかりごと

6/24  君が手の白きハンカチ眩しめり

6/25  満天の星にねむるや囮鮎

6/26  有明の入日のみこむ切子かな

6/27  金魚草妻の痩躯を哀しめり

6/28  菊挿して淵明夢に美女を待つ

6/29  白日の中へ押し出すボートかな

6/30  風吹けば風に鎌ふる子蟷螂

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索