Entries

七月の句綴り

20140730.jpg

7/1  清滝や切子に透かす風の音

7/2  裸灯に嗤ふ漢や鰹船

7/3  黒南風や荷馬車ののこす深轍

7/4  蚊の声のよぎる暁降ち(くたち)かな

7/5  黴匂ふ場末のポルノ映画館

7/6  まほろばの水うつくしや源五郎

7/7  漣のつまづく蓮の浮葉かな

7/8  鉛筆の芯やはらかき小暑かな

7/9  初蟬や看取りの部屋のほの昏く

7/10 馳走なり月も破顔も伽羅蕗も

7/11 道草の子が駈けてゆく青田道

7/12 國引きの海やきらめく飛魚(あご)の羽

7/13 ゆるやかに夜のながれゆく金魚玉

7/14 淡海の風をつぶさに蘆茂る

7/15 父の研ぐ斧の刃音や朝曇

7/16 少年も吾も夢人青酸漿

7/17 妻の手を握りたくなる藍浴衣

7/18 白玉のとろりと峡の空暮るる

7/19 バス停の灯のちりちりと戻り梅雨

7/20 子供神輿ゆきて夕立となりにけり

7/21 白杖の子が茉莉花に立ち止まる

7/22 人愛すこと忘れめやうすごろも

7/23 大仏の瞑目ふかき大暑かな

7/24 山水のたばしる桶や初茄子

7/25 暮れなづむ空へ舳先を夏料理

7/26 木の香濃く眼にしみる帰省かな

7/27 夏雲雀炎火の雲に身投げたり

7/28 空蝉の無明無数の蟻たかる

7/29 土用鰻水の流れのとこしへに

7/30 夏茱萸や鵯に味寝(うまい)を囃さるる

7/31 喉仏なき少年や氷水


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索