Entries

十月の句綴り

20141001.jpg



10/1  山風を采の目にして障子干す

10/2  丼に盛られ艶めく筋子かな

10/3  白菊やおもかげの皆モノトーン

10/4  海光の闇にまぎるる帰燕かな

10/5  草の実のとんで暮色をのこしけり

10/6  妹が背をせがむ山路や十三夜

10/7  老蝶のなほきららなる翅もてり

10/8  嬰児の産毛きらめく寒露かな

10/9  花蕊を這へる葉虫のさま見たり

10/10 月蝕の尽きて足下の虫すだく

10/11 万葉の歌くちずさぶ稲穂かな

10/12 ゆり椅子にブッセの詩片小鳥来る

10/13 深秋や万の目をもつ慈母地蔵

10/14 日輪の大いなるかな吊し柿

10/15 吾になほ生きよ生きよと鶴渡る

10/16 伝世の井戸が自慢や荒走

10/17 白馬ながき影をひきゆく秋意かな

10/18 秋水の淋しらに耐へ忍びたり

10/19 大いなる野猪や罠の錆を噛む

10/20 杉の実や鎮守の杜に子の遊ぶ

10/21 蒔くあてのなき種を採る夕べかな

10/22 母恋へど母のこゑなき秋の空

10/23 霜降の身ほとりに添ふ火影哉

10/24 日の本の日の香たつぷり今年米

10/25 父のなき父が裏山しめぢ茸

10/26 実南天児のある家の児の匂ふ

10/27 残菊の淡き影おく古刹かな

10/28 潮の香のをみな朱欒(ざぼん)を真二つに

10/29 紅葉且つ散る僧正の戯画の上(へ)に

10/30 手にしたる是は虚栗(みなしぐり)かも知れず

10/31 木の実時雨おくれがちなる吾を急かす




スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/02 15:30分 
  • [Edit]

 

コッコさん、こんばんは。

拙句をご覧いただきありがとうございました。

ひっそりとアップしているサイトですが、これからも宜しくお願い致します。

メールは

admotion@carrot.ocn.ne.jp

までお願いします。



  • posted by 幢舟 
  • URL 
  • 2014.11/03 19:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索