Entries

十二月の句綴り

20141231.jpg


12/1  蒼穹へ火を吐くごとく鶴啼けり

12/2  一片を死水に落し冬桜

12/3  時雨忌の靴紐かたく結びけり

12/4  落柿舎を問へば指さす時雨虹

12/5  幸ひのあるかに集ふ冬日向

12/6  濡れそぼつ芭蕉生家や枇杷の花

12/7  大雪の郷よりとどく畑の物

12/8  星々をゆらせてゐたる枯木かな

12/9  消防車去りて夜明けの始まれり

12/10 寝落ちたる太郎次郎や雪月夜

12/11 雪嶺の襞にあやなす入日かな

12/12 夢にまた妣のこゑ聞く風邪心地

12/13 絨毯にあり捨て去りし日の名残

12/14 瘦せ犬をつなぐ鉄鎖や寒北斗

12/15 鱈汁を啜るや昏き海見つつ

12/16 日を恋うて日に逆ろうて寒牡丹

12/17 安意なき日や凍天を仰ぎ見る

12/18 血の澪をひく幻の捕鯨船

12/19 皹の指でめくるや「罪と罰」

12/20 山影を濡らす山湖や暮易し

12/21 虎落笛闇に目玉をさらしゐて

12/22 灯を点し舌口すすぐ冬至かな

12/23 足跡を追へどこゑなき寒さかな

12/24 夜の底の危うき寄す処冬林檎

12/25 諸人の去りてなほ濃く聖夜の灯

12/26 裏山の父が榾木やよく爆ぜる

12/27 見えぬ星あまた隠せり冬銀河

12/28 淡海の面を凍雲のうごかざり

12/29 燈台の灯のきりきりと年詰る

12/30 霜夜ゆく影に覚えのありにけり

12/31 言の葉をつむぐうつつや年の果

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索