Entries

卯月の句綴り

20150506.jpg


4/1  ラマンチャの男一途や万愚説

4/2  熊蜂の己が重さを持て余す

4/3  九九がもう唄へるんだね水の春

4/4  春月や母貝のねむる阿古屋湾

4/5  清明や幼子はこゑ惜しみなく

4/6  風あれば風の形に糸柳

4/7  首洗池の日溜まり蝌蚪の紐

4/8  チューリップ夜はかたくなに口とぢて

4/9  聖母子の影やはらかに春の芝

4/10 藍微塵妊婦しづかに書を閉づる

4/11 だまし絵の水のぼりゆく春の月

4/12 母逝きしなぞへの畑や麦青む

4/13 昼よりも夕べあかるし花馬酔木

4/14 一村の靄にねむるや春の山

4/15 春興の手足に先を急かさるる

4/16 山査子の花や仇なす恋ひとつ

4/17 荒草(こうそう)の衣をしろがねに春の露

4/18 雲雀野にあそぶや光まとひつつ

4/19 湖を分つ小舟や春深し

4/20 山河なほ青くけむれる穀雨かな

4/21 束の間の快楽に似たり春霰

4/22 ライラック乙女の像のいよ古りて

4/23 風炎(ふうえん)や沖にたゆとふ海人小舟

     *風炎=フェーン現象

4/24 永き日のこきりと鳴りし首の骨

4/25 野にあれば童女なりしよ蓮華草

4/26 春曙やはらかき手に触れもせで

4/27 潮干潟カンブリア紀もデボン紀も

4/28 頬刺の藁に蝦夷(えみし)の海にほふ

4/29 浦里の母たくましや磯菜摘

4/30 クレソンや生きよ生きよと水のこゑ

4/31 黄昏にただよふばかり春の鴨


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

ミドリが鮮やかな季節になってきました。
写真(アスパラガス?)に暫し見惚れました♪

好きッ句をば…。
4/3  九九がもう唄へるんだね水の春
4/14 一村の靄にねむるや春の山
4/17 荒草(こうそう)の衣をしろがねに春の露
4/19 湖を分つ小舟や春深し
4/25 野にあれば童女なりしよ蓮華草
  • posted by たんと 
  • URL 
  • 2015.05/06 16:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

たんとさん、お待たせ!
って、待ってないか♪

遊び呆けていたら、知らぬ間に五月も七日に、、、。

早いね。

色形に惹かれて撮った一枚ですが、これ、アスパラガスなん?

  • posted by 幢舟 
  • URL 
  • 2015.05/07 18:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索