Entries

神無月の句綴り

20151031.jpg



10/1  笹山の荒れすさまじや蜾蠃追(すがれおい)

      *スズメバチの幼虫の採取法

10/2  秋狂言夜の帷をおろしけり

10/3  露けしや路傍の石も吾が魂も

10/4  手を足を奏づるごとく稲を扱く

10/5  秋濤や流人墓みな海へ向く

10/6  月下の森鹿のまなこの夥し

10/7  唐茄子を斬れとて妻に呼ばれけり

10/8  とある日のちちろのかたる悪巧み

10/9  ランボーの詩片難解秋刀魚焼く

10/10 枸杞の実の空の青きを哀しめり

10/11 われからや耳をふさげば血の聲す

      *われから=藻に住む蟲

10/12 早稲酒の大書ののぼりはためけり

10/13 八千草の一草一花ひそやかに

10/14 橡の実や街の暮らしも見飽きたり

10/15 いにしへの宮へつづくや刈田道

10/16 秋耕の老爺に山の影迫る

10/17 父と子の相似し背ナや鯊日和

10/18 大地剝ぐごとくに蔓をたぐりをり

10/19 今昔(こんじゃく)のこゑを聴かせよ蟲合

10/20 穭田に入りて笛吹く女かな

10/21 蟷螂やひねもす昏き空のあり

10/22 隠れ住む平氏の裔(こはな)一位の実

10/23 己が影をひたすら舐めて秋の蠅

10/24 鯔子(からすみ)や島に悲哀の物語

10/25 霜降や錆のふかまる獣の檻

10/26 東雲の峰や坂鳥波なして

10/27 ゆるやかに澪ひく巨船秋土用

10/28 裏山に狐狸の鳴く夜や胡桃割る

10/29 空せまき峡の一村星流る

10/30 座す石にほのとぬくみや芋煮会

10/31 さびしらの沼のさざなみ木の実落つ





スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索