Entries

霜月の句綴り

20151203.jpg


11/1   鯖雲や老いの哀歓なきごとく

11/2   虚ろなる貌もて秋の蠅交尾む

11/3   ふるさとは風の通路熟柿落つ

11/4   山霧のこゑに急かるる冬用意

11/5   箸のまづもつてのほかへ走りけり

        *もってのほか=菊膾

11/6   追憶の日々とあそぶや夕紅葉

11/7   内鍵の音のことりと秋終る

11/8   立冬の三和土に鶏の影差せり

11/9   素荒なるお国言葉や冬の海

11/10  茎漬や母は郷よりほか知らず

11/11  今生の冥加を得たり冬茜

11/12  むささびのふたたび月をよぎりけり

11/13  南山のはやき朝(あした)や落葉掃く

        *南山=高野山

11/14  雲の飛ぶ杣の切畑麦を蒔く

11/15  啄むは淀のうたかた残り鷺

11/16  小さき灯を抱きて綿入れ縫ふ母よ

11/17  水神に先づ手を合はせ川普請

11/18  紅葉子を焼くや海鳴り遠くして

        *紅葉子=鱈子

11/19  鉤針のぬめと鮟鱇の吊るし切り

11/20  千年を眠らぬ仏小夜時雨

11/21  野兎の耳たてて聞く月の聲

11/22  石炭のほむら太古の色なせり

11/23  小雪の空や烏のただならず

11/24  冬麗や青の時代のピカソふと

11/25  熊狩の一点射抜く猟夫(さつお)の眼

11/26  風の子のこゑのあそべる冬田かな

11/27  初冬の谿を切り裂く発破音

11/28  寒鯉の動けば空のゆるるなり

11/29  仄暗き廚に母や三の酉

11/30  狼の哭くや荒星かぎりなく

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索