Entries

師走の句綴り

20160101145254f26.jpeg



1 淋しらの夕のただ中木の葉散る

2 枯蔓の日毎に空を深くせり

3 寒鶯や道の尽きたる杣の里

4 味噌搗や郷のをみなの逞しく

5 古民家の梁を燻すやさくら鍋

6 狐火を点せし村の眠りをり

7 大雪や竃に小さき火を熾す

8 がうがうと山の哭く夜や葛湯吹く

9 聖母子の影古りゆくや冬の園

10 賞与なき吾が身の丈を妻に謝す

11 俗界の色には染まず冬の鵙

12 凍天の昨日今日また明日ありや

13 勇魚突く土佐の男の話かな

14 雲ひくき北の浦里墓囲ふ

15 皓歯もて皮手袋を脱ぐ女

16 迷ひつつ拓く吾が道寒昴

17 月下ひそかに凍土の太りゆく

18 遠き日のたつき思へり掛衾

19 島嶼へと越したる友の歳暮かな

20 神事のごとく炭𥧄に火を入れにけり

21 こまやかな雨なる終大師かな

22 たまゆらの黄金なしたり冬至の陽

23 遺されし者をへだつや冬霞

24 埋火や忘れ去りたき咎をふと

25 寒雲雀なるや野末に沈みしは

26 寄宿舎の窓の灯ひとつ冬休

27 夜をへだつ玻璃に吾が影年の果

28 老いの掌の祷るごとくに注連を綯ふ

29 頬に手をそへたる弥勒冬ぬくし

30 父祖の地をつつむ木霊や斧仕舞

31 ままならぬ心(うら)の奥底獏枕


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索