Entries

一月の句綴り

20160131.jpg




1/1   あかときの空うるはしや大旦

1/2   初買の妻よ倹しきものばかり 

1/3   三日はや白湯の旨くてならぬなり

1/4   息あらき禰宜の烏帽子や鞠始

1/5   奉るほのかなる火や窯始

1/6   小寒や天使は羽根を閉ぢしまま

1/7   うすれゆく母のおもかげ薺打つ

1/8   四方の目をひとり占めなる春着の子

1/9   ちはやふる神の恋せし歌留多かな

1/10  羽子板やただすこやかであれかしと

1/11  音もなくあけゆく一里淑気満つ

1/12  裏山に鵺の鳴く夜や榾あかり

1/13  ひとり子のひとりあそぶや福笑

1/14  歌会始め言の葉天を翔けるごと

1/15  左義長の焔や炎そだてしめ

1/16  風を名でよぶ村里や成木責

1/17  寝静まる浦の一戸や寒波急

1/18  まだおなじ小枝をふくら雀かな

1/19  氷海や無音なる夜の怖ろしき

1/20  内地てふ人や石狩鍋囲む

1/21  大寒の空一枚を捨鏡

1/22  どかと降る雪や山戸の灯を昏く

1/23  猟夫いましづかに吾子を抱きをり

1/24  かりそめの凍滝ぐわんと屹立す

1/25  言霊の欠片こぼすや寒北斗

1/26  雪眼鏡はるかの海を映したり

1/27  避寒宿妻のねむりを深くして

1/28  寝返れば背ナのひやりと雪女郎

1/29  逃亡のごとく雁木の町をゆく

1/30  皺ふかき掌やぽつねんと囲炉裏守る

1/31  湯気立てて美しきのんどを濡らしをり


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索