Entries

三月の句綴り

20160331.jpg


3/1   黒北風の浜に老爺の遠眼差し

3/2   春暖炉あるかなきかの火をつつく

3/3   新たなる恋かも知れず春衣

3/4   空に手をふれたがる子や春夕焼

3/5   啓蟄のまづは鶫の腹満たす

3/6   土筆摘むことに飽きたる二人かな

3/7   きりきりときりと百枝(ももえ)の芽ぐみけり

3/8   誰がために出づ桃園の昼の月

3/9   蘖や帰るに遠き父母なき地

3/10  悔恨を呑みし眼や山葵漬

3/11  かたかごの花や母恋ふ僧ひとり

3/12  鳥雲に人は荒野(あれの)をさまよへり

3/13  高畑を抱く朝霧春大根

3/14  合格子不合格子と相寄れり

3/15  ぎこちなきピエロの笑みや凍返る

3/16  ふらここの力かぎりに哀しめり

3/17  放たれし駿馬雪間の草を食む

3/18  夢の世のありやと蜥蜴穴を出づ

3/19  神の座の山に礼して苗木植う

3/20  水分けてゆく春分の魚の背ナ

3/21  親鳥の痩せすさまじや雀の巣

3/22  花待てる山や気息の充ち充ちて

3/23  何もかも夢まぼろしや涅槃雪

3/24  宵闇のしだれ櫻やよく揺れて

3/25  隠沼(こもりぬ)の泰然自若氷解

3/26  泣く妹を負いてゆく坂月朧

3/27  貝寄風や唐紅の血の系譜

3/28  あまたびび夜を裂く雷や雁供養

3/29  春林の空にあそべる木魂かな

3/30  日出づる國や礫のつばくらめ

3/31  ミモザ撮る人へミモザのふりそそぐ

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索