Entries

八月の句綴り

20160831.jpg

8/1   真昼間の人なき里や田水沸く

8/2   優曇華の野に踏み出すを躊躇へり

8/3   サーファーをもろとも波のふつと消ゆ

8/4   途絶えたる風のたよりや韮の花

8/5   破戒僧のごとく極暑へ墜ちゆけり

8/6   八月六日地を這ふ蟻の一途なる

8/7   まどかなる馬の眼差し秋に入る

8/8   妻留守の夜のはじかみを噛みてをり

8/9   八月九日海平らかに日をかへす

8/10  鰯網みすゞは海の底詠ふ

8/11  己が影のちろろちろろと鹿火屋の火

8/12  懸煙草くぐり身重の子が帰る

8/13  枝折戸に見知らぬ小鳥秋の朝

8/14  子等去りし夕べの河原荻騒ぐ

8/15  吾もまた群の一翼敗戦忌

8/16  残る蚊のこゑのか細く失せにけり

8/17  八月大名夜通し点る母屋の燈

8/18  南国の潮(うしお)黒々秋鰹

8/19  闇ふかき夜はことさらに草雲雀

8/20  八月の空美しく恐ろしく

8/21  なにさぐるべくすいつちよのながき髭

8/22  露草やよきことのみを胸奥に

8/23  とりどりの鳥語たのしき処暑の朝

8/24  鹿垣に沿ふ古里の小径かな

8/25  きちきちの地を蹴り草に沈みけり

8/26  夕暮れて尾花は月に靡きをり

8/27  ほのかなる潮の香りや捨扇

8/28  風生れていよよはかなし萩の花

8/29  何すべく下りし小庭や爽気満つ

8/30  眼光のきりりと鷹の山別れ

8/31  猟奇めく街の路地裏夜霧這ふ




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索