Entries

十二月の句綴り

20161231.jpg


12/1  刻はやき温室といふ異空間

12/2  風邪に倦む妻の声音を案じをり

12/3  海鼠腸や海女の啖呵の心地よく

12/4  ふるさとや父の遺品のちやんちやんこ

12/5  けふもまた嶺をかくせりうつた姫

12/6  浅漬や白磁は彩に逆らはず

12/7  人殺す一語一句や寒北斗

12/8  みそさざい人なき里にきて鳴けり

12/9  猟銃音ひとつ消えゆく命ひとつ

12/10 沖島の影をあらはに雪起し

12/11 猫町の猫の集会十二月

12/12 鷹匠も鷹も一点見つめをり

12/13 菰巻のしんしんと夜を耐へゐたり

12/14 野末ゆく影ひとつだに冬の虹

12/15 襤褸市や昭和はすでに昔なる

12/16 どの夢を見やうか夕の浮寝鳥

12/17 凄まじや深雪に鳥の羽と血と

12/18 枯落葉きのふの上にけふを積む

12/19 米を研ぐ音の淋しや寒苦鳥

12/20 裏背戸の薄ぼんやりと雪催

12/21 狐火を見に行かうかと云ふ女

12/22 冬至湯の痩躯よ湯の香あふれしむ

12/23 数へ日の言の葉すぐに消えたがる

12/24 年木樵谿に昼餉の火を熾す

12/25 無位無官なる身を終天神へ

12/26 裸婦像の黯き眼や暮早し

12/27 つつがなく過ぎしたつきや札納

12/28 群鳥の声を寒涛かきけせり

12/29 天地の底位をひそと霜の声

12/30 農小屋の梁の古釘注連飾る

12/31 ほろほろと沈みゆく日や年の果



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索