Entries

睦月の句綴り

20170131.jpg


1/1   天地にあはひなるもの初明り

1/2   笛太鼓獅子の乱舞をせかせけり

1/3   年玉や里の子の目のらんらんと

1/4   繭玉にふれんとややの手のをどる

1/5   風花や湯上げの鷄の羽根毟る

1/6   夜気せまる辻の易占達磨市

1/7   かりそめの火とて雄々しや出初式

1/8   鳥総松三和土に月の影射せり

1/9   成人の日や子のなきを妻が謂ふ

1/10  初場所や四股名の富士を語尾ながく

1/11  街道のとある旧家や蔵開

1/12  気ままなる天の配剤絵双六

1/13  紅白の綱の意のまま猿廻し

1/14  身軽なる己(おのれ)かなしき旅はじめ

1/15  終点は過疎の一村雪女郎

1/16  猫舌の妻よ釜揚うどん吹く

1/17  凍凪や小舟小島の時とめて

1/18  雨は夜に霙に嵯峨の抜け小路

1/19  枯菊や放香あまねし夕をふと

1/20  大寒の星ことごとく明滅す

1/21  夢の中の妣ひたすらに菜を洗ふ

1/22  ひそやかに紅侘助の一つ落つ

1/23  風つよき夜や切干大根煮る

1/24  太古からとどく絵文や寒茜

1/25  砕氷船星の座標を描くごと

1/26  霜柱離村の一戸傾ぎたり

1/27  出稼の前夜囲炉裏の火の猛る

1/28  燗酒や舌なめらかによき嘘を

1/29  朔風や吾が身ひそかに世に置きて

1/30  月影や狢住むてふ古祠

1/31  奥底を見せぬ天上雪下し

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索