Entries

如月の句綴り

20170228.jpg

2/1   寒灸の火を点じよと呼ばれたり

2/2   寒柝や書に栞して一日閉づ

2/3   底なしの峡の真闇や鬼やらひ

2/4   立春大吉ひかりざざめく水ほとり

2/5   行き場なき畔火の終の猛りかな

2/6   惜別の傘の重さや牡丹雪

2/7   春の田へ鍬の一打を父若し

2/8   初音してあけゆく郷の目覚めかな

2/9   紅梅や逢はぬと決めし人をふと

2/10  ゆさばりにちぢとみだれてゆくこゝろ
       *ゆさばり=ぶらんこ

2/11  潮の香をはこぶ川風白魚鍋

2/12  風を朱に染むる社や一の午

2/13  父母のなきことをしみじみ春景色

2/14  紅貝やわだつみはただ黙しまま

2/15  こま返る草やしんがり歩く癖

2/16  大海のあるを知るかに春の水

2/17  ふつと消ゆ鳥の足跡春の霜

2/18  白鳥(しらとり)の水に影おく雨水かな

2/19  背に敷ける草芳しや少年期

2/20  明日香路の時をとどめてかぎろへる

2/21  燈台の灯のばうばうと春の海

2/22  囮籠提げし子のゆく木の芽山

2/23  豺狼(さいろう)の声の谺か構ひ時
       *構ひ時=三春の生類季語で獣の交尾期

2/24  雪片の濡らす御厨子や出開帳
      *本尊が安置された寺で開かれる【居開帳】
       に対して、他の寺や場所で行われる拝観行事

2/25  貌鳥の鳴くや濁世を逆しまに

2/26  風あらば風と消えゆく胡蝶かな

2/27  片栗の花に夕べのいよ早し

2/28  川舟を舫ふ川淀だびら雪



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索