Entries

卯月の句綴り

20170430.jpg



4/1   臍曲げて黙りゐる子やつくづくし

4/2   思慮ふかき鷹のまなこゐ凍返る

4/3   あな嬉し田楽の香も郷の香も

4/4   清明やひよめきの弥かろやかに

4/5   巫女舞の顎(あぎと)美し花明り

4/6   寄り添うて影をひとつに花の冷え

4/7   微睡みにそそぐ鳥語や養花天

4/8   青柳や汝は天帝のなすままに

4/9   草を摘む少女よ穢れなき空よ

4/10  目瞑りて駱駝は何を霾ぐもり

4/11  きらめくは小鮎か夕の洗ひ堰

4/12  子雀のこゑせつせつと時の隙

4/13  老いてなほぬけぬ訛りや桃の花

4/14  静脈をさぐる女医の手春の蚤

4/15  峡の子のあそびしたたか杉の花

4/16  艶唄のまだるし哀し干鱈裂く

4/17  刻々と変る日の影種案山子

4/18  天平の都まぢかき野に遊ぶ

4/19  限りある今世のならひ揚雲雀

4/20  ことさらに土のにほへる穀雨かな

4/21  四つの目の瞬時の間合ひ鶏合

4/22  星影の杏の花におぼれをり

4/23  その中に妣のおもかげ茶摘唄

4/24  子のこゑの絶えし奥里母子草

4/25  僧ひとり鰊曇の岩鼻に

4/26  大鯉の吐息つく午や春闌くる

4/27  子も魚も泥に塗るや春干潟

4/28  杣郷の荒るるにまかせ雉の聲

4/29  永日のながき吾が影もて余す

4/30  蛙子を双手掬ひに見せし子よ

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索