Entries

葉月の句綴り

20170831.jpg



8/1   両の手を岨の肌(はだえ)へ岩清水

8/2   子等の手が冷し西瓜へ突撃す

8/3   神泉(じんせん)の風をいだくや薄衣

8/4   樹にもたれをれば樹のこゑ晩夏光

8/5   夕凪の浦や小舟のすべり出づ

8/6   捨舟の底に垢水夏果つる

8/7   身ほとりになじむあれこれ秋立てり

8/8   雨余いよよ湧くがごとくにあきつ舞ふ

8/9   六日九日踏まれし草の立ち上がる

8/10  葬送の鉦をそびらや稲の花

8/11  人知れず瓢の尻の肥りゆく

8/12  けらつつき(啄木鳥)森の扉をひた叩く

8/13  盆唄やともに輪をなす死者生者

8/14  火のごとく舞ふ八月のフラミンゴ

8/15  夜気はらむ峡の一戸や魂迎

8/16  流灯の寄辺あるごとゆらめける

8/17  人気なき里の隘路や遠案山子

8/18  せり上がる潮もろとも鰯船

8/19  稲妻や定かに見ゆる死者の列

8/20  人逝きし夜や芋の葉のざわめける

8/21  送行(そうあん)や湖にさだかな風の道

8/22  落柿舎の風音かろき文月かな

8/23  手に触れしものいとほしや処暑の朝

8/24  地蔵盆つひぞ見知らぬ子がひとり

8/25  秋晴のあつけらかんと杣が里

8/26  雄鶏の爪に血の痕秋旱

8/27  月下美人食うたと女嗤ひけり

8/28  天心や願の糸をかたくかたく

8/29  空ちかきなぞへの里や威銃

8/30  花木槿人は底意をひた隠す

8/31  めはじきや童女(こ)は穢れなき瞳もつ




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索