Entries

神無月の句綴り

20171031.jpg


10/1  秋麗や雅楽の舞のしづやかに

10/2  実柘榴や殉教の碑の日にぬれて

10/3  漣は湖の言の葉律(りち)の風

10/4  人の世の一夜短し望の月

10/5  肩車せがむ子のゐる良夜かな

10/6  錆鮎や故山の風の荒れそむる

10/7  長き夜や光源氏のいつ眠る

10/8  竹林の風音しるき寒露かな

10/9  亡き母の箱膳いまも麦とろろ

10/10 蛇穴に入るを見つむる女かな

10/11 妹(いも)が名をつけし子牛や牧帰り

10/12 山嶺のかすかや二十三夜月

10/13 色鳥や己かなしむ少年期

10/14 雨去りて芋畑のいよかがやけり

10/15 あの影の一つは吾や雁渡る

10/16 蜜舐めてなまめく秋の胡蝶かな

10/17 老いの身の日々のつれづれ牛蒡掘る

10/18 末の子が持つをせがむや囮籠

10/19 影踏みのあの子はどこへ星月夜

10/20 吾を追ふ吾の靴音炉火恋し

10/21 同行二人枯野の色に立ち止まる

10/22 稚児(やや)の泣くこゑのどこより夜半の秋

10/23 霜降の野にマネキンの捨ててあり

10/24 子の去りし砂場に小山秋の暮

10/25 山水を恃むたつきや新豆腐

10/26 海峡は昏く霧笛の尾はながく

10/27 松茸や父祖の遺せし山太る

10/28 高鳴くは歓喜の歌か田鶴渡る

10/29 空にまだ麒麟の首よ秋の暮

10/30 秋小寒日暮ひた寄す奥嵯峨野

10/31 誰知らぬ永遠の天界仏掌薯仏

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2017.10/31 19:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

幢舟

  • Author:幢舟
  • 写真と俳句のコラボレーション

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブログ内検索